定年後 コンサルタント起業を目指す方へ

SWOT分析、KPI監査、採用サイト、事業承継「見える化」コンサルタントの嶋田です。

定年後コンサルタント起業を目指す方へ.jpg

サラリーマンの定年後に、これまでのキャリアや知識技能を活かして、「コンサルタント起業」する方は毎年相当数います。

コンサルタント起業は、資金も投資もいらず、比較的誰でもできるセカンドライフのひとつのカタチです。

ただ、「定年後のコンサルタント起業」は、本人が思ったようなカタチにならないケースも多いことを考える必要があります。

これまで私が見てきた多くの「定年後のコンサルタント起業」での失敗事例から、必要なスタンスと考え方を紹介します。

1、高学歴・高職歴に多い「指導型コンサルティング」

誰もが知っている有名大学を出て、そして有名上場企業で長年働き管理職になって定年。

その後「コンサルタント起業」の事例は結構見てきました。

そういう方に多い一つの特徴は

「自身のキャリアを活かしたい」

「自身の経験知識を中小企業に伝えたい」

「教えてあげたい。指導したい」

こういうスタンスです。

一昔前なら、そのスタンスでも通用したでしょうが、現在はこの手のスタンスは長続きしない傾向にあります。

指導を受けるなら、特定の技能や専門の知見に対して、スポット指導を受けたいという中小企業経営者はいます。

しかし、「定年後コンサルタント起業」者が狙う、「経営顧問」はそう簡単なものではありません。

一時的な指導は受けても、数年単位の経営顧問となると、別のスキルが必要になります。

これは、「指導型コンサルティング」とは対極の「コーチング型・ファシリテーション型コンサルティング」と呼ばれる技法です。

この技法をコンサルティングのベースに持たない限り、スポット指導しかできないのが実態です。

 

2、自身の「強み」が中小企業ニーズと合うか(USPがあるか)

中小企業が求めているニーズは、今の経営課題に直結する知識やノウハウ技術です。

大手企業でいかに上層部でマネジメント経験があっても、「マネジメント技術」だけでは、突破口になりずらい側面があります。

●ある技術分野が強い、

●ある営業分野の直接人人脈がある

●ある専門分野の知見やレベルが高い  等々

こういう具体的なスキルと中小企業経営者のニーズが合致すれば、即契約も可能です。

ただ、よくあるのが、

「昔は現場にいたから知っていたが、ここ数年は管理ばかりだから、現場に疎い」

「以前の人脈は、皆退職し、今の発注担当者は若いから知らない」

こういう「現場リアリズム」がない状態だと、仮に契約しても、効果を発揮できず即、解約の可能性があります。

 

3、自分のUSP(独自のウリ)を決める20の質問

そういう方に下記のページから20の質問に答えてみてください。

自分のウリが見えてくるかも。

(自分のUSPが分からない。そんな時の20の自問自答の仕方とは?)

https://re-keiei.com/blog/consultant-office/1751-usp-4.html

 

4、定年後コンサルこそ、経営承継コンサルが腕の見せ所

経営承継において経営者と後継者の橋渡し役、仲介役、そして経営者への心の指導をするには、ある程度の年齢と経験が必要です。

人生経験のある人は、落ち着いた相談相手として、人には言えない「経営承継」問題を相談しやすいもの。

そういう方こそ、経営承継コンサルティングノウハウを学習し、それを武器に中小零細企業の経営顧問として取り組む事が、マッチしているように思います。

「経営承継コンサルティング」では、相続税知識、資金対策、株問題、経営支配などの専門的な事は税理士に任せます。その代わり、「経営理念承継」「経営戦略承継」「組織承継」という、PLやBS、株価には入らない実態経営の課題のファシリテート役として機能する事です。

ここで必要なスキルは、経営者と後継者と一緒に「コーチングとファシリテーション技術を使って、プランや取り決めを文字化していく技術」です。

事業承継「見える化」コンサルティング技術を学びたいなら、「経営承継戦略アドバイザー検定オンライン講座」がおススメ。

詳しくはこちら

https://store.re-keiei.com/pages/succession-beginner

 

5、中小零細企業の経営戦略に強くなると「経営顧問」になりやすい

中小零細企業の経営者や後継者は

  • 今後、どういう事業展開をしていくべきか、
  • 事業承継後の収益が維持できるか
  • 後継者の時代にどこで強みを発揮するか 等々

未来への悩みは尽きません。

そこで「経営戦略づくりのエキスパートツール」として「SWOT分析」「KPI監査」があります。

特に「中小企業専門のSWOT分析やKPI経営」は、指導方法が大企業とは全く異なります。

このメソッドを使い経営計画書、アクションプランを作成できれば、そのモニタリングとして「経営顧問」の道は開けます。

国内初の中小企業専門の「KPI監査士資格」が取れる検定はこちら

https://store.re-keiei.com/pages/kpi-auditor

 

6,定年後コンサルの技術や思考、指針を習得するなら「RE嶋田塾」

私が毎月開催しているコンサル技術やテンプレを習得するサブスク塾「RE嶋田塾」では、この3年間延100名のコンサルタント、コンサル起業者、税理士が学んでいます。

我流の学習や研修参加も良いですが、体系的に実績のある手法で更にコンサル現場実例テンプレが手に入れば、集客や現場コンサルティングに弾みがつきます。

「RE嶋田塾」の中身は下記から

https://store.re-keiei.com/pages/re-shimada-course-2

 

「RE嶋田塾」「KPI監査士」の無料オンライン説明会を随時開催中詳しくはこちら

https://store.re-keiei.com/pages/kpi-free-seminor

 

こちらのページもいかがですか?

無料電子書籍ダウンロード

「これを無料で渡すんですか?」と同業のコンサルタントがビックリしたマニュアルをご提供!各種コンサルティングマニュアルを揃えております。

コンサルティング現場実例ノウハウ

「こんな実例ノウハウを、こんな価格で売るって正気ですか?」と仲間のコンサルタントがあきれた「コンサルティング現場で活用した実例ノウハウ」があります。クライアントとの面談や会議で、また研修時に「見せるツール」しかも記入実例付きのリアルテンプレートを豊富に掲載。